民意を無視した辺野古新区域への土砂投入にNO!

2019年3月3日 16時32分 | カテゴリー: 活動報告

2月24日の県民投票では、埋め立て反対の意思が明確に示されました。しかし国はこの民意を全く無視し、普天間基地の早期危険除去と固定化を理由に辺野古の新区域へ土砂投入をはじめ、辺野古新基地建設計画を強行しています。また、建設現場の深い海底には、地質調査もできないくらいの軟弱地盤があることも沖縄防衛局の報告書で分かりました。このまま計画を継続すれば莫大な時間と経費がかかることは明らかです。今、国がなすべきことは、沖縄の民意にしっかり向き合うことではないでしょうか。