行動すればステキな出会い

新年は1/5から市の賀詞交換会にはじまり、鵠沼地区、生活クラブ生協など、1/22には神奈川ネット新春の集いで一段落着きます。その間には、出初め式、成人式にも参加させていただきました。

そして、1/18は子ども文教委員として、『Stopいじめ❗中学生の集いinふじさわ』に参加し、生徒会の取り組み報告会を見学しました。

各部屋に分かれ、グループ発表と意見交換をします。テーマは

1.いじめ防止対策

2.よりよい学校生活を過ごすための活動

3.仲間づくりのための活動

意見をもらったり、他校の取り組みに感心したり、いろいろな考え方に触れていました。生徒の皆さんが、多くの生徒の意見を取り入れようと、目安箱の置場所やテーマなど工夫を凝らして努力している姿が印象的でした。ある学校では、いじめに対してのアンケートをすることにより現状を知る、どうしていじめがあるのか話しあい考える時間をもっていました。

中学生だけでなく大人においても、違う切り口の意見に出会い、受け入れ、認め合えることこそ共生社会となり、対話のできる平和な社会につながります。

2020年早々、また改めて感じました。面倒なことと思っても一歩踏み出し行動すれば、新しい出会いがあり、アイデアをいただける。やっぱり、フットワークは軽く行きたいものですね。